MENU

研修をお考えの方へ

pr-1

ハラスメント研修をお考えの担当者様へ
よろしければ、はじめにお読みください。

詳しくはこちら

研修内容

pr-2

わかりやすいのは当たり前。
年間3000人以上が受講する、
行動に移しやすい講座を実施しています。

詳しくはこちら

受講者の声

pr-3

これまでの研修、セミナー等において
いただいたご感想を紹介しております。

詳しくはこちら

キャリアカウンセリング

pr-4

可能性を引き出し
働く楽しさを見つけるお手伝いをいたします。

詳しくはこちら

倉本祐子プロフィール

pr-5

ハラスメント経験者であり
元パワハラ上司の私だからわかることがあります。
詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

詳しくはこちら

お問い合わせ・研修のご相談

pr-6

ハラスメント研修のご依頼、お問い合わせやご相談は
こちらのメールフォームをご利用ください。

詳しくはこちら

管理職・リーダー向けのハラスメント対策セミナーのダイジェスト版

ブログ新着

私、倉本祐子は、ハラスメント経験者です

  • 19歳、商社の内定を貰いました。卒業前のOJTのために出勤したときに、自身の上司にあたる方にお尻を撫でられました。そんな会社で仕事をする気がなくなり、内定を辞退しました。
  • 20歳、短大卒業後。アパレル販売職に就き、店長から理不尽なパワハラに遭いました。
  • 入社半年で店長になるも、本社の部長から一歩間違えると刑事事件になるようなセクハラに遭いました。そのセクハラは三ヵ月続きましたが、部長の退職を機になくなりました。
  • 24歳でベンチャー企業に入社。2年後、九州地区の担当マネージャーとなり、部下が当時50名。上は60歳近い方もおり、どうしていけばいいか分からず、私自身がパワハラ上司になっていました。
  • 32歳で人材派遣のアデコ株式会社に入社。翌年、キャリアコンサルタントの資格を取得。派遣社員は立場上、ハラスメントに遭うことが多かったため、「私のような思いはさせない!」と思い、就業先と何度も調整をしながらハラスメントの解決に携わるようになりました。

でも、ずっと心の中にしこりがありました。

なぜ、私はこんなにもセクハラやパワハラに遭うのか。

ハラスメントに遭ったことが無い方は、「その人の問題だ」「本人に落ち度がある」と言いますが、私は全く違うと断言します。

パワハラもセクハラも行為者の勝手な思い込み、価値観の相違を認めないことから始まります。

人は、一人ひとり、みな違う価値観があり、思いがあり、目的があって仕事に就きます。

少子化、高齢化は防げない今だからこそ、一人ひとりを大切にしながら能力を伸ばす組織になる事が大切です。

ハラスメントが蔓延している組織で、人は育ちません。

お互いに理解し、尊重し合える環境づくり。

そんな働きやすい組織づくりのお手伝いこそが、ハラスメントを受け、ハラスメントをした私の使命です。

Scroll Up